バイオガス発電事業

バイオガス発電|地域と共生して創るバイオガス発電所

バイオガス発電のイメージ図
バイオガス発電所
肥育牛によるバイオガス発電

肥育牛による日本初の取り組み

松阪牛、神戸牛とならび
三大ブランド和牛の一つと称される
米沢牛(よねざわぎゅう)。

私たちは、米沢牛のメッカである山形県置賜地方から
日本初となる「バイオガス発電」に取り組んでいます。

産業廃棄物である牛のフン尿を
資源として活用し、悪臭を軽減しながら
《クリーンなエネルギー》に変えます。

地産地消のバイオガス発電

『地産地消』のバイオガス発電

フン尿を畜舎からパイプラインを通して空気に触れること無く
発電所で40日間ほど発酵して発生させた「メタンガス」から
電気・熱・二酸化炭素・液肥を生産して再び地域に還元します。

更には、温室効果ガスを削減し、
化石燃料の使用量を減らすことにも貢献でき
地球環境にもやさしいエネルギーと言えます。

耕畜連携によって、農畜産業の発展をはかりつつ
ふるさとの素晴らしい自然環境を守ります。